株式会社GCIで働くスタッフの自己紹介です。

横浜市の訪問看護ステーション芍薬青葉 株式会社GCI Global Caring Innovation

24時間対応体制
営業時間以外でも、ご希望の方には必要に応じて訪問いたしますので、当ステーションにご連絡ください。
深夜・日曜日・祝日・年末年始も連絡が取れ、かつ必要に応じて看護師が緊急訪問する体制を取っています。

スタッフ自己紹介

寺口 浩子(管理者/リンパ浮腫療法士/リンパ浮腫ドレナージセラピスト上級)

芍薬青葉は在宅緩和医療を目指すステーションです。中でも、浮腫による苦痛を取り除くケアを看護に取り入れるなど、個々のスタッフが力を発揮し様々な症状の緩和に取り組んでいます。

私が在宅訪問看護師となった理由、それは訪問看護師でなければ出来ないことがあったからです。私は、数年前まで総合病院の化学療法室で勤務しておりました。病状の進行により下半身が浮腫み、リンパ漏という皮膚から体液が漏れる症状に苦しみ、自分の体液で滑り、転倒を繰り返し、何度も救急搬送される患者様がおられました。
その方は、子供の同級生のお母様でした。
どうしても子供の食事は作りたいと台所に立ち、転倒を繰り返していたのです。
なんとかリンパ漏を止めたいと、担当する各科医師に対処法を確認して回りましたが、当時は「仕方ない」「滑らないようにするだけ」との回答でした。たまたま相談した医師から「このリンパ浮腫は専門の技術が必要。その勉強をしたら対応出来る…」とのアドバイスがありました。
<リンパ・技術・専門家> 考えたこともなかった情報です。それがきっかけで、リンパ浮腫療法士の資格を取得することとなりました。
取得後は緩和ケア病院やクリニックでリンパ浮腫ケア外来を担当していましたが、外来でのケアでは対応出来ないことがありました。がんの進行や高齢化によりセルフケアや通院が出来なくなると、ケアの継続が困難となり悪化し、家から出られず引きこもったり、ひきつれる皮膚の痛みには鎮痛剤が効かないなど、在宅でのケア継続が必要であるという問題にぶつかりました。通院出来なくなった家族からの相談を受けながらも、対応方法がなくもどかしい状況が続いておりました。
なんとか在宅でも浮腫ケアを継続でき、技術提供できる環境はないかと模索するなか、高水準の看護技術の提供を目指す訪問看護ステーション GCI芍薬青葉との出会いがありました。訪問看護師となり、最後までケアを継続できる環境に感謝しつつ取り組んでおります。

「こうありたい」を支える在宅の看護師は高い看護技術が必要であり、想いだけでは限界があるということを実感しております。安心して身を任せ、安全が保障された"ゆりかご"のように何時も受け止める、そのようなステーションでありたいと日々心掛けております。
私の強みはリンパ浮腫ケアの技術ですが、それぞれのスタッフが強みを持ち技術鍛練に勤めております。どうぞよろしくお願いいたします。

訪問看護師(2016年入職)

私は急性期病棟、緩和ケア病棟での勤務を経て、訪問看護の世界に入りました。病院では家に帰りたいとの思いがあってもなかなか病気を抱えて家で過ごすことがかなわない患者さんも多く、どうしたら家に帰してあげられたのだろうか、病気を抱えながら家で過ごすとはどういうことなのかを学びたく、訪問看護を始めました。
自分の場所で過ごされる方の安心した表情を日々見ることができたり、共に大変な時期を乗り越えたり、楽しい時間を過ごしたり、ご家族の成長を喜んだりと、その方やご家族と人生の一時期を共に過ごせることがとても嬉しいです。その人の望む場所でその人らしい人生を過ごすサポートができるよう、これからも精進していきたいと思います。

藤井 紀子(訪問看護師/リンパ浮腫療法士、リンパ浮腫セラピスト中級)

これまで一般病棟、緩和ケア病棟を経て、リンパ浮腫療法士、リンパ浮腫セラピストの資格を取得し、リンパ浮腫外来の担当、緩和ケア病棟でリンパ浮腫ケアを担当してきました。このスキルを訪問看護で生かすことができる訪問看護ステーションである、GCIの訪問看護ステーション芍薬青葉に出会えたことに感謝しています。
病棟や外来でリンパ浮腫ケアをしている時、「もっと早くやってもらいたかった」「足のむくみが減って靴が履けて外出できた」「通えないから自宅に来て欲しい」といった声が数多く聞こえてきました。
訪問看護で継続してリンパ浮腫ケアができることは、私にとって念願でした。
浮腫ケアを行うことにより、今まで不快、苦痛だった症状が軽減したり、緩和されると感じて頂けると思います。住み慣れたご自宅でご家族と共に、穏やかに、不安なく、安心して過ごして頂く為に、その方に寄り添った看護ができるよう自己研鑽に努め、GCIのチームの一員として関わっていきたいと思います。

★ソーシャルワーカーをご存知ですか?

患者さま、ご家族さまが、病や障害とともにありながら感じておられる、心とくらしに関わる困難さや不安の解決に向けてお手伝いする社会福祉の専門職です。在宅療養に関すること、医療費や生活費に関すること、学校、仕事、家事育児に関するご心配、その他療養生活に関するお困りごとについてご相談をお受けしています。学校、職場、地域の保健福祉関係機関、ボランティアの方々と協働しながら、よりよい療養環境をつくります。通常は病院に勤務していることが多いのですが、訪問看護ステーション芍薬のソーシャルワーカーは、在宅を拠点とし、患者さま、ご家族さまの思いを大切に伴走しながら、日々の生活の中での療養を支援させていただきます。

山村 朋子(社会福祉士)

私はこれまで総合病院のソーシャルワーカーとして働いていました。入院・通院される患者さま、ご家族さまの経済・心理・社会的な相談をうけていましたが、退院後在宅療養を希望される方の支援もその一つでした。ご家族が日中不在な方、お一人暮らしの方、終末期ケアが必要な方など、いろいろな状況の方々がいらっしゃいました。患者さまが希望される在宅療養を目指して、ご家族、友人、開業医、訪問看護師、ケアマネージャー、ヘルパーなど、患者さまを取り巻く方々と協働して支援をすすめてきました。退院時に患者さまを安心してお見送りすることができたのは、信頼できる地域の医療・保健・福祉の方々との出会いがあったからでした。そしていつか私もその仲間に入りたいとの思いが芽生えました。
今回多くの地域関係機関の中から、訪問看護ステーションを選んだのには、在宅ホスピスケアに携わりたいとの思いがあったからです。在宅療養はその人らしい暮らしを続けながらの療養を可能にします。その人らしい暮らしとは、病気や不自由さとの付き合いだけではなく、ご家族や身近な大切な方々との関わり、仕事や学校との関わり、何気ない日常の活動からこれまでやり残してきたことまで、その方の人生を生きることだと思っています。残りの時間に限りあることを意識せざるを得ない状況にある方々が、少しでもその人らしい暮らしを続けられるよう、お手伝いいたします。
また、在宅ホスピスケアでは、患者さまを身近で支えるご家族のケアも大切にしています。病気や療養に関する迷いや不安、介護の負担、大切な方を亡くされた後のグリーフについても共に考えていきたいと思っています。
皆様との出会いを楽しみにしています。

岩田 聡子(社会福祉士)

私はこれまで10年以上、IT系企業で技術者として働いてきました。そんな私がソーシャルワーカーを目指したのは、2012年に癌で他界した父の闘病中に出会った、医療ソーシャルワーカーの支援がきっかけでした。彼女は絶望の中にいる私が、最善の選択が出来るよう支えてくれました。私はこの時初めて、人は、人に話を聞いてもらうだけで救われることがあるのだということを実感し、私も彼女のように、絶望の中の人が最善の利益を得られるように支えられる人になりたいと考え、会社を退職し、ソーシャルワーカーになるべく福祉大学の門をたたきました。
父は素晴らしいホスピス病棟で、素晴らしい看護を受けました。その事実は、私たち家族のその後の心の安らぎとなり、私は自然、ホスピスでの支援に興味を持ちました。そこに株式会社GCIの「在宅ホスピス」訪問看護ステーションにおける「社会福祉士(ソーシャルワーカー)」の求人を見つけたのです。2015年2月のことです。私は『これは、出会いだ!』と感じ、すぐに連絡を取りました。しかし、実はその時の私は、3月の社会福祉士国家試験の結果待ちの状態で、正確には募集要項にある社会福祉士ではなかったのです。それでもGCIの幹部は、私の志望動機や在宅ホスピスへの想い、ソーシャルワーカーの使命についての持論を真剣に聞いてくださり、私を同志として迎える決断を下してくれました。このようなGCIには、理念を重んじる文化と、チャレンジを恐れない土壌があると、私は感じています。
現在私は、小児緩和ケアおよび終末期がん患者の尊厳を高めるケアである「ディグニティセラピー」の研究・実践業務を担っています。いずれも私の初心に則る業務です。この業務を誠心誠意全うして、ご利用者様やご家族の最善の利益を支えられるようになりたいと思っています。また、ご利用者様やご家族の支えとなる地域資源の開発も、ソーシャルワーカーの大切な使命だと考えています。訪問看護ステーション芍薬の看護師、ケアマネージャ、ボランティアコーディネータ、ソーシャルワーカーが連携し、ご利用者様が必要とする適切な制度や施設、ボランティアなどの地域資源とのつながりの創設が出来るよう、力を合わせていきたいと思います。

有坂 博子(ケアマネージャー)

私は12年間働いてきた居宅支援事業所を辞め、2017年2月からGCIケアリング芍薬でケアマネとして働かせていただいております。
これまで、ケアマネジャーとして介護の現場で働いてきましたが、利用者様はもとより、自分の親の介護に関しても、経験知だけではいい介護を実践して行くことはできないと実感しました。そこで、社会福祉士や精神保健福祉士の資格を取るために勉強し、その時の勉強を通して、基本を積み重ねていくことがケアマネジャーとしての資質を向上させる、ということを実感することができました。現在、社会事業大学の専門職大学院で学んでいますが、大学院では講義を通して知識を得ること以外に、高い志を持って学ぶ友達を得ることができたことも大きな収穫だったと思っています。
さて、芍薬に来て新鮮に感じることは、毎週月曜日朝の本社のミーティングです。ミーティングでは、社長から、これまで学んだことがなくビジネス世界のことだと思っていたリーダーシップの話があったり、マネジメントのことであったりして、難しいですが楽しみな時間です。
また、より根本的なところでは理念の素晴らしさに感銘を受けています。在宅ホスピス、緩和ケアの精神には心を揺さぶられました。さらに、実際にスタッフの一員になってみて、ここでは一人一人が、チームを作り上げていることが素晴らしいと感じています。
現在のところは、新しい利用者さん方のアセスメントなどに四苦八苦していますが、私はアセスメントこそケアマネの中心的な仕事だと思っています。アセスメントでは問題を言語化し、利用者さんに寄り添いながら、それぞれの方に適した介護をしていきたいと思います。私は、そこに介護の喜びがあると感じています。

友野 ひとみ(マネジメント・アシスタント)

私は、社会人になった直後は、まず一般事業会社で主な事務領域(経理・総務・労務)を全てカバーする形で、10年間に亘って仕事をしてきました。訪問看護ステーション芍薬青葉の母体組織である株式会社GCIに入職した直後も、これらの一般事務をまず任され、その後ステーション事務を任されるようになりました。最初は医療・介護業界の制度や仕組みが分からずチンプンカンプンでしたが、本部ではこの領域に長けた先輩方がいらっしゃるので、何でも教えて頂け、充分にマスターすることができました。

現在は、当業務に加え、病院でのドクターズ・クラークのように、看護師さんの秘書として日々の看護記録記入のお手伝いや報告書作成のお手伝いをしています。これは、組織の方針である“看護師でなくてもできることは全てマネジメント部が行う”という経営方針を実践する試験的・革新的な取り組みです。

株式会社GCIでは、プロの職業人として皆で一緒に学び成長し続けよう、という雰囲気があり、入職当初は内部研修で英語を学んでいました。日々新しいことにチャレンジする毎日ですが、これまで様々な仕事をマスターしてきた経験を活かしながら、さらに新しいことにチャレンジできる環境で楽しく働いています。

高橋 友紀(マネジメント・アシスタント)

私が訪問看護ステーション芍薬/芍薬青葉で働いてみたいと思ったのは、このホームページを拝見したところ、ご利用者様とご家族様、そして職員にも寄り添っている組織だと感じたからです。実際に働いてみて感じたのは、「寄り添う」ということがいかに難しいか、日々考えさせられるということです。様々なバックグラウンドの方々が一緒に働くこの職場で、時には軋轢が起きたり、傷つく同僚を目にすることが少なくありません。

そんな中、訪問看護ステーション芍薬/芍薬青葉は、自分がこれまで職業人として歩んできた中で大切にしてきたことが活かせる組織だということにも最近気づきました。例えば、組織理念としてリーダーシップとチームワークを大切にしている組織なので、スタッフである私にも、何事も自分事として取り組むことが求められます。前任者から引継を受けた通りに業務をこなしていれば良いのではなく、何故これをするのか、逆に何故これをしないのか、と常に自分の頭で考え、現状に甘んじることなく、常に改善していく姿勢が求められます。また、職人一家で育った私は、「全ての人から好かれなくても良い」と幼少の頃から教えられてきましたが、リーダーシップとは時には人から嫌われながらも、理念を追求していくことなのだということにも最近気づきました。

入職した際には契約社員でしたが、入職後1年が経過し正社員となりました。AI時代が本格到来した暁には、事務職の仕事のほとんどがなくなると予想されています。そんな時代にも通用する事務職員のプロとして成長したいので、訪問看護師が働きやすくなるような黒子の存在としての仕事をしながらも、自分の頭でしっかりと考えつつ組織理念を遂行する、リーダーシップを発揮していきたいと思っています。

宮岡 美穂子(マネジメント・アシスタント)

以前、介護スタッフとしてデイサービスで働いていた私は、ご利用者様に心身ともに寄り添うコミュニケーションを模索しながら働いていました。そして10か月前、理念には共感できるものの、医療従事者ではない私が、訪問看護事業所で具体的にどんな貢献ができるのか見当が付かない状態で入職しました。現在ステーション事務を担当しています。一言でいうと看護師さんたちがより良い看護にあたるためのお手伝いです。看護師でなければできないこと以外で何ができるのか、それがご利用者様のより良い看護を受けることに繋がっているか、ひいては社会貢献に繋がっているか、会社の利益を損ねることでないか、を意識しながら業務にあたっています。

事務仕事をただの流れ作業ではなく、会社の理念に沿う形で前向きに模索できるようになったのは1週間に1度行われる社内ミーティングでマネジメントとリーダーシップ、チームワークを討論型で本部マネジメントスタッフ全員で学んできたからだと思います。
担当業務を丸ごと任され、自分に任された業務全体を自分自身でマネジメントする難しさを日々感じながら業務にあたっています。ミーティングで意見を交わしあった仲間と失敗を振り返り、打開策を検討しあいながら行う日々の業務には達成感を感じ、年齢関係なく成長の機会を得ているように思います。

これからも、チームワークを意識し、リーダーシップを発揮できるよう、やるべきことを模索し続けていきたいです。

鈴木ヨシモト直美(マネジメント・スタッフ)

私の在宅ケアとの出会いは、思い起こせばもう40年近く前になります。病気がちで障がい者だった私の父親は、入院を嫌い、幼少の頃の私とたくさんの動物達に囲まれながら、自宅で過ごす時間をこよなく愛していました。病気や障がいがあっても自宅で過ごせるという幸せを、幼い私は毎日体感していたのです。その父の介護を、私はある日「めんどくさいな。」と思ってしまったのです。心から尊敬し、愛し、私の人としてそして職業人としてのあるべき道を教え正しく導いてくれた父の介護。しかも、ただ病院での夜間の付き添い寝をするだけの介護を、「めんどくさい」と感じてしまったのです。父はそんな親不孝者の私の為を思ってか、その後程なくして私のもとから永遠に去ってしまいました。罪悪感という、心に大きな、大きな、一生決して癒えることのない傷が残りました。そんな私ですから、“高齢者を社会で支える”という介護保険の考え方が、まるで私を闇から救い出してくれるもののように感じられました。私がその後の生涯をかけて、ここ日本で推進すべきもの、それが介護保険サービスであり在宅ケアとなったのは言うまでもありません。
私の専門性は経営マネジメントです。特にリーダーシップ、チームワーク、モチベーション、キャリア開発といった分野が専門です。経営理論や学者の研究論文が大好きで、趣味は自分の専門領域に関する勉強であると同時に、この専門性を駆使して実社会で結果を出すことも自分の趣味であり、使命であり、生きる意味です。キャリア開発は個人の努力のみでは限界があり、組織からのサポートが必須であるので、訪問看護ステーション芍薬は、次のような人事方針を徹底しています。
我々の使命を遂行することができる、有能な人材のみを厳選して採用する。
しかし、完璧な人間は皆無であることを知っている我々は、採用した人材の強み・弱みの全てを受け入れ、支援的な姿勢と長期的観点で人材育成に取り組む。

訪問看護ステーション芍薬の理念に賛同し、在宅ケアを通じて地域社会のウェルビーイング向上に貢献する道を歩み続けてくれる看護師に対しては、長期的な観点からひとりひとりのキャリア開発に真剣に取り組む、というのが訪問看護ステーション芍薬の方針なのです。
訪問看護ステーション芍薬では、各種研修や学会参加のサポートや、ELNEC-Jをはじめとする内部・外部勉強会を積極的に開催している他、管理者及び管理職候補者に対してはリーダーシップ研修を行っています。また、提携先の米国ホスピスでの研修や海外の学会への参加もしています。さらには、在宅ホスピス・緩和ケア関連の各種プロジェクトチーム(老年緩和ケアプロジェクト、グリーフケアプロジェクト、小児在宅緩和ケアプロジェクト、ホスピス・ボランティアプロジェクト等)が動いている他、外部研究者の指導も仰ぎながら研究活動を行っています。様々な活躍の場が用意されていますので、ご自身の可能性を、ここ訪問看護ステーション芍薬で試してみませんか?